結婚式で星空の投影と、無数の演出用プラネタリウム

 

DSC_4778-1.jpg
料理と酒のおもてなしが自慢の岐阜結婚式場のグランフレハウスですが、
内が真っ白で清楚な空間の広がるチャペルを利用して、
実際の星空や、無数の星を投影できるプラネタリウムの演出装置を作ってみました。
  
まずは星座機能をご覧ください。
DSC_4714-1.jpg

基本はピンホール式、7等星まで約15,000個の星の数です。
4等星以上(600個)に補正レンズを使用した結果、小さくシャープな星像を達成。
1等星から6等星まで、正しい明るさの比になっています(ポグソン定数と言います)。
ぱっと見、10mクラスのメーカー製のレンズ式に近い出来上がり(自画自賛)。

残念ながら昼間チャペルは遮光が十分でないため、あまり良く見えません。
そこで明るい場合に備えて、内部にパワーLEDを多数組み込み、星だらけにしてみました。

こちらです!

DSC_4672.JPG
光源が中心から大きくずらしてある、回転軸交差してるなどにより、
 内臓モーターで回転させると、ちょっと不思議な星の動きをします。
宇宙空間にいるような、マリンスノーのような、はたまた粉雪のような、感じ方は人によって様々。

少し明るくてもこれぐらいの投影ができます。
DSC_4732.JPG

この機能が面白いので、更に強力なやつを2個両側の壁に固定する予定(現在製作奮闘中)。


DSC_4743-1.jpg

点灯中の本体。宝石みたいで、こっちの方が美しいとの声も。



DSC_4749-1.jpg

プラネタリウム本体は、アルミ製のミキシングボールで直径48cm、
表面にブツブツあるのは100均の老眼鏡から切り出した補正用レンズです。


DSC_4662-1.jpg

電球は2V5AのWPS、8個の白色パワーLEDは1個5Wです。
見えているネット、これをチョコチョコ動かして、星や天の川をチカチカゆらゆらさせる装置。
今は都合上、一時的に取り外しています。

まずは見に来てね、夜だったらプラネタリウム投影もできますicon:emoji008
社長ホームページで詳しく紹介してます。https://piranlhpp.web.fc2.com